体の見えない部分のムダ毛処理

体の見えない部分のムダ毛処理

ワキや腕、脚ほどではありませんが、体の中の普段は見えない部分のムダ毛で悩んでいる女性も少なくありません。
胸や乳輪周り、お腹、背中といった部分の毛が濃い女性は、人と比べることもなかなかできないため、1人で悩んでいるということが多いようです。

 

思春期の女性の場合は、誰にも相談できず、交際している男性に見られることになったらどうしようと、コンプレックスとして抱えてしまうこともあります。
胸やお腹に毛が生えている男性を嫌う女性もいますが、逞しいと言って好む女性もいます。

 

しかし、女性の胸やお腹に毛が生えているのを好む男性はめったにいないでしょう。

男性にとって、女性の胸ほど魅力的な場所はありません。

 

そこに毛が生えていたら、どんなにきれいな女性でも台無しになってしまいます。
無名でだけでなく、乳輪に毛が生えていたら、ロマンチックな雰囲気はぶち壊しです。

 

胸のムダ毛は、カミソリなどで自己処理してしまうと、肌を痛める原因になるので、おすすめできません。
特に薄くて伸びるのも早いので、頻繁に処理をしていると肌がどんどん荒れてきてしまいます。

 

ふっくらと柔らかい胸元を、ムダ毛処理のせいでガサガサの硬い肌にしてしまわないようにしましょう。
乳輪周りは特に肌がデリケートなので、カミソリや毛抜きを使うのはやめましょう。

 

乳輪周りは、太くて硬い毛が1〜3本程度、ひょろひょろ生えているというタイプや、乳輪をぐるりと1週するように細くて細かい毛が生えているというタイプなど、人によってさまざまです。
太くて硬い毛の場合は、抜いても抜いても、また同じところから同じような毛が生えてくるという人が多いようです。

 

そのような場合は、美容クリニックで永久脱毛することをおすすめします。
美容クリニックの永久脱毛は料金が高いと言われていますが、乳輪まわりのみの数本であれば、そんなに料金がかかる心配はありません。

 

自己処理する場合は、家庭用脱毛器がおすすめですが、できることなら胸の周りはエステサロンや美容クリニックでの脱毛がおすすめです。
お腹のムダ毛は毛深い人に多く、アンダーヘアーの延長線上にあるので、人にはみられたくない部分ですが、水着になったときに見えてしまうこともあります。

 

お腹の肌は比較的荒れにくい部分なので、自分で処理しても大丈夫ですが、なるべく刺激が少ない方法で処理するようにしましょう。
うなじから肩、背中にかけては、自分では全く見ることができない部分ですが、夏の時期になるとタンクトップや水着姿で人目につく機会が多くなる部分です。

 

うなじも、髪をアップにしたり、結んだりすると目立つため、ムダ毛のお手入れはしたい部分です。
体の裏側は自分では手も届きませんから、エステサロンや美容クリニックでの処理をおすすめします。