オシャレに制限がなくなる

オシャレに制限がなくなる

脱毛で人気のパーツは両ワキ・ひざ下・ひじ下です。
ココを脱毛すると一体何がいいのか、考えてみた事はありますか?
おそらく大多数の人が「ノースリーブやミニスカートが着られる」と答えるのではないでしょうか。
もちろんその通りです。
脱毛は夏やるもの、と思われているのもこのためでしょう。

 

事実、脱毛を体験した人のほとんどは「着たい服が着られるようになった!」「処理残しで恥ずかしい思いをしなくてよくなった!」といっています。
自己処理派の方だと「でも、カミソリでもちょっとはマシになるし、ストッキングはけばわからないじゃない?」と思われるかもしれませんね。
が、意外にストッキングでは皮膚の下の毛が見えているものなのです。
処理残した1〜2本だけぴょこんと飛び出してしまうという恐ろしい事態もありえます。

 

特にひざ下の場合、年中スカート派の方は要注意。
ふくらはぎの裏側など、自分で見づらいちょっとしたところに処理残しが!ということがままあるそうです。
「電車の中で処理残しのスネ毛が飛び出している女性がいて、うえーって思いました」という男性の声も見受けられました。
「好きな人や知ってる人に見られなければ別にいい」というツワモノな方はそれでも平気かもしれませんが、いざというときに見られてしまっていたら、知らないうちにポイントを下げてしまっているかも。

 

ワキの場合も同様です。
「ノースリーブは着ないから」と思っていても、半袖のシャツからうっかり見えてしまうこともあります。
ワキを自己処理している人も多いですが、ワキは意外と毛の流れが複雑なため、処理残しがおきやすいパーツ。
また、ワキから少しずれた腕の付け根あたりにも毛が生えている人もいるのですが、そこまで目が届かずやはり処理残しに……ということも結構多いようです。
見られたのが笑って指摘できるような間柄の人ならいいですが、もしお泊りデートのときに見つかってしまったらとんでもなく恥ずかしいですよね。

 

オシャレと楽しめるほかに、こういった「不慮の事故」がなくなるというのも脱毛の大きなメリットです。
360度スキのない自己処理をするのはなかなか難しいですから、そこまで細かくチェックできない!という人はやはりサロンやクリニックで脱毛してもらうのがいいのではないでしょうか。
一回指摘されてしまうと「またどこか飛び出してるかも……」なんて気になってしまいますしね。
ハラハラしているとストレスになりますから、マイナスにはなってもプラスになることはありませんし、それなら思い切ってお試しに行ってみてはいかがでしょう。