Oラインの自己処理は厳禁!

Oラインの自己処理は厳禁!

Oラインって早い話が肛門の付近ってことになるんですけど、
やっぱりそういった体の奥底の部分はデリケートな場合が多いです。

 

Oラインもその例外ではなくて、ちょっとしたことで傷ついてしまうかもしれません。

 

そもそもどうやって処理するの?

基本的に後ろ側にある箇所を綺麗に自己処理するのは極めて難しいことでしょう。
ですから、カミソリなんかで処理していると刃が突き刺さることもあるかもしれません。
そんなリスクを負ってまで自分で処理必要はあまりないかと。

Oラインを綺麗にする効果って?

男性でもたまに言われているのが、Oラインの綺麗にする効果として汚れが付着しにくいというのがありますね。トイレに行ったときにすぐトイレットペーパーで拭くと汚れが取れるそうです。
ムダ毛は大切な部分を衝撃から守ってくれるけど、こういうときに邪魔ですよね・・・

トイレで毛抜きを使ったりするのは最悪

汚い場所で汚いシーンでガサツにお尻の付近のムダ毛を抜くのは一番やってはいけないことです。
毛を抜くと毛穴が開き、そこから雑菌が入り込みやすくなってしまうので。
もし晴れ上がったりしたらとても大変なことになりますよね。絶対にやらないようにしましょう。

 

 

やはりベストなのは脱毛エステサロンなどの専門店で、
VIO同時に全てを施術してもらえるコースで綺麗にしてもらうのが一番でしょう。

 

トップページでも紹介しましたが、エピレやミュゼではハイジニーナコースとか、
デリケート専用の脱毛コースがあるのであまり気負うことなく施術をしてもらうことができるはず。

脱毛しないとドン引きされるかも!?

男女関係なく、脱毛した理由として必ずランクインするのが「異性の目が気になるから」というものです。
特に女性の場合、男性から「ムダ毛が生えるのは男だけだから、女の人は毛なんてない」と勘違いされている場合もありますので、未処理や自己処理の甘い人は一気にポイントが下がってしまいます。
脱毛で人気があるのは両ワキ・ひざ下・ひじ下あたりの服を着ていても目に付きやすいパーツですが、特に気になる人はうなじや背中など男性にチェックされやすいパーツも脱毛しているようです。
浴衣や水着の場合は特に気になりますものね。

 

決まったパートナーができている人は、さらにVIOラインやおへそ周りの脱毛に力を入れる事もあります。
他人には銭湯や温泉に行ったときくらいしか見せないところですが、パートナーとなると話は別。
海外ドラマや芸能人の影響で、デリケートゾーンも全てツルツルにする(ハイジニーナ)にする人もいます。
全処理に抵抗のある場合は、Vだけ残してIOはなくすという人も多いようです。

 

また、意外とチェックされているのが顔のうぶ毛。
現代女性は仕事やプライベート、家事に忙しくさまざまな面で身体にストレスをかけているため、ホルモンバランスが崩れていることが多いのですが、そうなるとムダ毛やうぶ毛が濃くなってしまいます。
病気とまではいかなくても、口周りにヒゲのような毛が生えてしまったり、「顔がくすんでいると思ったらうぶ毛が濃くなっていた」なんて経験がある方も多いのでは?
毛が濃い体質であればその危険は倍増しますので、やはりきちんとケアしたいところです。
脱毛サロンでもやっていますし、最近は家庭用脱毛器でも顔のうぶ毛を処理できるものが出てきていますからね。

 

ちなみに最近は男性でも脱毛をする人が増えてきていますが、やはり「腕や足の毛が濃すぎて女性にドン引きされてしまい、親しく話をする以前の問題だから」という切実な悩みを抱えている人が多いのだとか。
男性の場合はひざ下・ひじ下・胸・おへそ周りが人気のようです。
性別的に仕方ないという面もありますが、ボーボーすぎると「お友達以上はちょっと……」と言われてしまう可能性が上がってしまいますからね。

 

男女共に共通の意識としては「毛が濃い体質なのは仕方ないけど、自覚があるならある程度処理しておいてほしい」というのが本音のようです。
欠点を自覚していながら直さない、というのはムダ毛に限らず人間としてマイナスですものね。
恋人が欲しい、結婚したいと思うなら最低限のマナー・エチケットになってきているのかもしれません。